玉砂利を置いておくだけで防犯に一役買う!

気軽に防犯対策できる

砂利

一戸建て住宅に住んでいる場合、様々な防犯対策が行われることが多い。一戸建て住宅ではマンションなどと比べた場合、侵入される可能性が高い場所が多くなり、その分、防犯対策が特に重要になる。防犯対策では、その内容により効果や費用が大きく変わってくるが、低予算で効果の高い防犯対策としてあるのが玉砂利の活用である。玉砂利による防犯対策では、家の周りに玉砂利を敷き詰めることでの防犯対策になる。特に、1階の窓の周りや勝手口、玄関周りなどに玉砂利を敷くことで防犯対策とすることができる。玉砂利は、その上を歩くことで音を発するため、侵入者はその音を嫌い侵入を諦めさせるという防犯対策になる。また、音がすることで誰かが敷地に入ってきたということを事前に知ることができ、侵入を未然に防ぐという効果もある。玉砂利による防犯対策では、費用自体安く購入できるため手軽な防犯対策になる。最近では、防犯専用の玉砂利が販売されており、ホームセンターなど身近な所でも購入できるようになっている。これらの防犯専用の玉砂利では、その上を歩いた場合の音がより大きな音が出るように改良されており、防犯対策として効果が大きくなる。その上、軽い素材でできていることも多く、持ち運びや敷き詰める際などの負担を軽減されているものがある。玉砂利での防犯対策では、見通しが悪く侵入されやすい場所などピンポイントで玉砂利をまいて対策ができるなど、対策のしやすさも魅力である。