玉砂利を置いておくだけで防犯に一役買う!

庭の防犯対策に役立つ製品

庭

DIYによる作業方法とは

空き巣や泥棒対策に有効な方法の一つとして、玉砂利の敷設があります。その理由として、玉砂利の上を歩くと、約80デシベルに近い大音量がなるからで、その音量は走行中の電車や地下鉄の車内とほぼ変わらない大きさです。そのため、侵入を試みようとしても、音の大きさで驚き立ち去ってしまうほどの効果が発揮される優れた製品となっています。この玉砂利は、ホームセンターなどで簡単に手に入れられるため、一般の方も自宅の庭などに敷くことが可能です。しかし、丁寧に敷かなければ効果が半減されてしまうので、知識を持って取りかかりましょう。方法としては、最初に行わなければならない作業に除草作業があります。除草しないで玉砂利を敷いてしまうと雑草が生えてきて、石の上を覆ってしまい音が出なくなってしまいます。効果を最大限に発揮させるには、手を抜かないで除草を徹底的に行いましょう。次に、雑草が生えないための防草シートを貼る作業があり、丁寧に型を取ってから貼り付け、ガーデンエッジを使って防草シートがずれないように固定することが大切です。シートがたるんだ状態で固定すると、雑草が入り込んで繁殖するため、できるだけ丁寧に伸ばして固定するようにしましょう。防草シートを貼り終えたら、いよいよ玉砂利を敷く作業になります。その際、目安の高さというものがあり、できるだけ3センチから5センチの高さになるように敷くことが重要です。これは、歩いた場所の石が少しずつ無くなっていくからです。玉砂利が薄くなるとシートも見えてしまい景観が損なわれてしまいます。しかも、音の効果まで下がってしまうので、よく歩く場所は高めに敷くという方法もポイントです。現在では、魅力的な庭にできる景観用の玉砂利も豊富に出回っているので、防犯対策と両面で利用してみるのも良いのではないでしょうか。

防犯

手軽に使える防犯グッズ

防犯砂利は、歩くと大きな音を立てることで侵入者対策になる防犯グッズです。ガラスを焼き固めて通常の砂利に似せた形にしたものが一般的ですが、レンガや瓦を砕いたタイプもあります。色の種類も豊富なので、ガーデニングにも利用できます。

砂利

防犯に効果的

防犯対策の手始めとして効果的なのが砂利です。なかでも防犯砂利はとくにセキュリティ能力に優れています。敷地内に人が侵入すると大きな音がするので、眠っていてもすぐに気づくほどです。まだ防犯対策を行っていない方はこの防犯砂利を利用してみましょう。

砂利

気軽に防犯対策できる

一戸建て住宅において、防犯対策をする場合に玉砂利を活用するという方法がある。玉砂利での防犯対策では、1階の窓や勝手口の周りなどに敷き詰めることで、歩いた時に音が出て防犯対策になる。低コストで対策できることが、大きな魅力でもある。